成年後見物語

2013年5月 8日 水曜日

おひとりさま

高齢者の単身世帯が、年々増加しています。

65歳以上では、男性が130万人、女性が370万人が『おひとりさま』です。
比率で見ますと、男性高齢者の12%が、女性高齢者の25%が『おひとりさま』となっています。

独りで老後を生きるわけですから、元気なうちに要介護状態に備えておきたいものです。
例えば、
1.介護保険の仕組みは老人ホーム等の施設について、元気なうちに勉強しておく。
2.規則正しい生活、適度な運動、正しい食生活で、認知症を防ぐ。
3.仲間をつくり、引きこもらない。
4.成年後見制度の利用も考えてみる。
5.元気なうちに自分の財産を把握しておく。
6.遺言書を書いておく。
などなどです。

しっかり準備をして、備えておく方がいいですね!

                     *:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・
                      〒530-0041
                      大阪市北区天神橋1丁目8番16-303号
                             田口司法書士事務所
                             司法書士 田口多津
                               TEL 06-4800-7744
                               FAX 06-4800-7734
                           e-mail tagutazu_office@ybb.ne.jp
                               *:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*


投稿者 田口司法書士事務所 | 記事URL

2013年5月 4日 土曜日

ケアマネージャー

介護サービスを受ける際には、利用者の生活状況や身体の状況に応じた介護計画(ケアプラン)を作ることから始めます。
これは、一週間に何回、どの時間帯に、訪問介護等を行うかを組み合わせたスケジュール表のことです。

一般に、ケアプランはケアマネージャーと言う専門家が作成します。
このケアマネージャーが作成するケアプランが悪いと、利用者の身体状態が悪化したり、家族の負担が増えたりします。
従って、ケアマネージャー選びには、充分注意する必要があります。
近所の介護経験者や知り合いの介護関係者等に、ケアマネージャーの評判を聞く等して慎重に選ぶことが大切です。

また、ケアマネージャーと合わないようでしたら、ケアマネージャーを変更することも可能なようです。                     

                     *:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・
                      〒530-0041
                      大阪市北区天神橋1丁目8番16-303号
                             田口司法書士事務所
                             司法書士 田口多津
                               TEL 06-4800-7744
                               FAX 06-4800-7734
                           e-mail tagutazu_office@ybb.ne.jp
                               *:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*

投稿者 田口司法書士事務所 | 記事URL

2013年3月29日 金曜日

介護失業

近年、晩婚化、非婚化が進み、シングルの方が増えています。
また、共働き家庭も増えています。
さらに、兄弟が少ないとなると、介護の負担を背負う方の確率はかなり高くなります。
また、自分や配偶者の両親が同時期に倒れ、「ダブル介護」「トリプル介護」になる確率さえあります。

総務省の調査によりますと、介護離職者は、2002年~2007年の5年間で56万8000人になるそうです。
また、離職後、失業状態にある人は40万4000人。
大変な数字ですよね!
「介護失業」は、人ごとではないかも知れません。

                      *:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・
                      〒530-0041
                      大阪市北区天神橋1丁目8番16-303号
                             田口司法書士事務所
                             司法書士 田口多津
                               TEL 06-4800-7744
                               FAX 06-4800-7734
                           e-mail tagutazu_office@ybb.ne.jp
                               *:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*

投稿者 田口司法書士事務所 | 記事URL

2013年3月21日 木曜日

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)

介護が必要な人は平成12年に比べ約2倍に増加しています。
主な原因として、「脳卒中」や「認知症」があげられますが、実は、5人に1人は「関節の痛み」や転倒による「骨折」などの「運動器」の障害が原因です。
高齢者になると、骨・関節・筋肉など体を支えたり動かしたりする運動器の機能が低下し、要介護や寝たきりになる確率が高くなります。
ロコチェックなどで、自己診断を行い、要介護や寝たきりの予防を行いましょう。

ロコチェックは、以下のとおりです。
①片脚立ちで靴下がはけない。
②家の中でつまずいたり滑ったりする。
③会談を上がるのに手すりが必要。
④横断歩道を青信号で渡りきれない。
⑤15分くらい続けて歩けない。

以上のうち、1項目でも当てはまるとロコモティブシンドロームの可能性があるそうです。

投稿者 田口司法書士事務所 | 記事URL

2013年3月19日 火曜日

『主治医』と『かかりつけ医』

『主治医』と『かかりつけ医』、似たような言葉ですね!
どう違うのでしょうか?
『主治医』とは治療を担当する医師のことです。
病院などでは、『主治医』以外の医師が診察することもありますが、治療の方針を決定するのが『主治医』です。
ですから、眼が悪ければ眼科の『主治医』、内臓が悪ければ内科の『主治医』がいます。
『かかりつけ医』とは、主に在宅の療養を担当する主治医を言います。
この『かかりつけ医』は、患者さんの今の状態だけでなく病歴や体質も知っています。
ですから、介護の方針を立てる場合や、介護認定の際の意見書を書いて貰う時に、頼りになるのがこの『かかりつけ医』です。

投稿者 田口司法書士事務所 | 記事URL

STEP1 まずはご連絡

お問合せフォームまたは、お電話 06-4800-7744にてご連絡下さい。
折り返し、ご連絡申し上げます。

STEP1 まずはご連絡のイメージ
STEP2 1回目ご相談

事前にご予約頂けましたらお客様がお困りになっていることや、相談したい内容をお聞かせください。

STEP2 1回目ご相談のイメージ
STEP3 まずはご連絡

問題点や解決方法をご提案させて頂きます。
またご依頼内容に応じて、料金表やお見積りを提出させていただきます。

STEP3 まずはご連絡のイメージ
当事務所では、「まずはご相談から」をモットーにさせて頂いております。お客様のお悩みを「街の法律家」として親身になってお伺い致します。