相続★相続

2013年3月27日 水曜日

相続は他人事!(その2)

近年、相続や遺言書に関する書籍や雑誌が多く発刊されていますが、一般の方々の意識はまだまだです。
相変わらず「ウチには関係ない。」と思っていらっしゃる方が、大半のようです。

以下、アンケートの結果その2(日経ビジネス×日経マネー)です。
①相続税制度が見直されることを知っているか?
  ・知っている   68.8%
  ・知らない    31.1%
②税制改正の中身をしっているか?(相続税制度が見直されることを知っている回答した人のみ対象)
  ・知っている          8.8%
  ・だいたい知っている   40.8%
  ・あまり知らない      44.5%
  ・知らない           5.7%
③対策を実施しているか?
  ・実施している
    11.6%
  ・まだ何もしていないが検討している 
    15.6%
  ・何も実施していないし、検討もしていない
    65.3%
  ・分からない
     7.1%
  ・無回答
     0.4%

皆様、気にはなっているが、まだまだ手つかず・・・という感じですね!
できれば、早めの対策をお勧めします!

投稿者 田口司法書士事務所 | 記事URL

2013年3月26日 火曜日

相続は他人事!

近年、相続や遺言書に関する書籍や雑誌が多く発刊されていますが、一般の方々の意識はまだまだです。
相変わらず「ウチには関係ない。」と思っていらっしゃる方が、大半のようです。

以下、アンケートの結果(日経ビジネス×日経マネー)です。
①親の資産総額を、大まかにでも把握しているか。
 ・把握している     54.6%
 ・把握していない   45.4%
②親の資産総額を「把握している」と回答した人のうち
 ・資産総額1,000万円未満            7.4%
 ・資産総額1,000万円~3,000万円未満   28.1%
 ・資産総額3,000万円~5,000万円未満   14.3%
 ・資産総額5,000万円~8,000万円未満   28.1%
 ・資産総額8,000万円~1億円未満       4.9%
 ・資産総額1億円~3億円未満         12.3%
 ・資産総額3億円以上               4.9%  
③親の資産を相続したことがあるか
 ・ある  48.0%
 ・ない  50.7%

親の資産総額が分からない、親の資産を相続した経験もない・・・
不安になりませんか?
皆様、開けてビックリと言うところでしょうか・・・
 

投稿者 田口司法書士事務所 | 記事URL

2013年3月19日 火曜日

生前で揉めれば・・・

生前、親の扶養や介護で揉める家庭は、
必ず、お葬式で揉めるそうです。
お葬式で揉める家庭は、
必ず、相続で揉めます。
これも、全て子育ての結果でしょうか??
考えさせられます。

投稿者 田口司法書士事務所 | 記事URL

2013年3月15日 金曜日

子育てと相続

私の知人で、関東で相続の案件を多数取り扱っていらっしゃる方がいます。
その方は、いつも、
「相続で揉めたら、子育ては失敗です。」とおっしゃってます。

本当にそのとおりだと思います。
いくら子どもたちが、優秀な大学を出たり、一流企業に勤めていたりしていても、相続で揉めたら、その方の子育ては失敗ではないでしょうか?
相続で揉める方の特徴は、感謝の気持ちがない、自分の事しか考えない、相手の事を思いやる事ができない・・・です。
このような大人に育ってしまったのなら、その子育ては失敗と言ってもいいのではないでしょうか?

『相続』は、子育ての集大成です。
『終わりよければすべてよし』と言うかたちにしたいものですね!

投稿者 田口司法書士事務所 | 記事URL

2013年3月11日 月曜日

相続事件数など・・・

1985年(昭和60)年から比べると、2011(平成23)年は

志望者数                
   約75万人 → 約125万人  1.67倍に増加
遺産分割調停新受件数
   約5,100件 → 約11,700件  2.28倍に増加
遺言書検認新受件数
   約3,300件 → 約15,100件  4.58倍に増加
公正証書遺言作成数
   約41,500件 → 約82,000件  約1.97倍に増加
だそうです。

このように事件が増えているため、家庭裁判所に遺産分割事件を申立てた場合、
以前では、最初の期日(裁判所に行く日)が、申立てから約1ヶ月後であったのが、現在では、3~4ヶ月先となっているようです。
また、次の期日についても、従来でしたら、約1ヶ月後であったものが、2ヶ月後となっているようです。
そのため、遺産分割事件に関しては、解決までに、以前より時間がかかるようです。
 

投稿者 田口司法書士事務所 | 記事URL

STEP1 まずはご連絡

お問合せフォームまたは、お電話 06-4800-7744にてご連絡下さい。
折り返し、ご連絡申し上げます。

STEP1 まずはご連絡のイメージ
STEP2 1回目ご相談

事前にご予約頂けましたらお客様がお困りになっていることや、相談したい内容をお聞かせください。

STEP2 1回目ご相談のイメージ
STEP3 まずはご連絡

問題点や解決方法をご提案させて頂きます。
またご依頼内容に応じて、料金表やお見積りを提出させていただきます。

STEP3 まずはご連絡のイメージ
当事務所では、「まずはご相談から」をモットーにさせて頂いております。お客様のお悩みを「街の法律家」として親身になってお伺い致します。