生前契約★遺言書★エンディングノート

2013年3月 5日 火曜日

遺言検索システム

親が亡くなったが、遺言書をのこしているのかどうか分からない・・・と言う場合があります。
遺言書があるのとないのとでは、遺産分割の仕方が異なります。
従って、遺言書が存在するかどうかと言うのは、大問題ですね!

これを調べる方法に、公証役場の「遺言検索システム」があります。
この検索システムは、公正証書遺言を残した方が亡くなられた後、相続人等から照会があった場合、遺言書の有無を返答することができるように作られました。
相続人等が遺言検索システムを利用するためには、
①遺言者が亡くなったことを証明する戸籍謄本
②請求者が相続人等利害関係人であることを証明する戸籍謄本
③請求者の運転免許証等身分証明書
を添付して、請求します。
公正証書遺言がある場合には、その公正証書遺言の原本が保管されている公証役場を教えてもらえます。さらに、遺言書が必要であれば、その保管している公証役場に、その謄本を請求します。
ただ、遺言者が亡くなったことを証明する戸籍謄本が必要となりますので、親が生存中は、このシステムで遺言書の有無を検索することはできません。

また、残念ながら、自筆証書遺言については、このような検索システムは存在しません。
その意味でも、公正証書遺言の作成をお勧めします。

投稿者 田口司法書士事務所

STEP1 まずはご連絡

お問合せフォームまたは、お電話 06-4800-7744にてご連絡下さい。
折り返し、ご連絡申し上げます。

STEP1 まずはご連絡のイメージ
STEP2 1回目ご相談

事前にご予約頂けましたらお客様がお困りになっていることや、相談したい内容をお聞かせください。

STEP2 1回目ご相談のイメージ
STEP3 まずはご連絡

問題点や解決方法をご提案させて頂きます。
またご依頼内容に応じて、料金表やお見積りを提出させていただきます。

STEP3 まずはご連絡のイメージ
当事務所では、「まずはご相談から」をモットーにさせて頂いております。お客様のお悩みを「街の法律家」として親身になってお伺い致します。