成年後見物語

2013年3月21日 木曜日

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)

介護が必要な人は平成12年に比べ約2倍に増加しています。
主な原因として、「脳卒中」や「認知症」があげられますが、実は、5人に1人は「関節の痛み」や転倒による「骨折」などの「運動器」の障害が原因です。
高齢者になると、骨・関節・筋肉など体を支えたり動かしたりする運動器の機能が低下し、要介護や寝たきりになる確率が高くなります。
ロコチェックなどで、自己診断を行い、要介護や寝たきりの予防を行いましょう。

ロコチェックは、以下のとおりです。
①片脚立ちで靴下がはけない。
②家の中でつまずいたり滑ったりする。
③会談を上がるのに手すりが必要。
④横断歩道を青信号で渡りきれない。
⑤15分くらい続けて歩けない。

以上のうち、1項目でも当てはまるとロコモティブシンドロームの可能性があるそうです。

投稿者 田口司法書士事務所

STEP1 まずはご連絡

お問合せフォームまたは、お電話 06-4800-7744にてご連絡下さい。
折り返し、ご連絡申し上げます。

STEP1 まずはご連絡のイメージ
STEP2 1回目ご相談

事前にご予約頂けましたらお客様がお困りになっていることや、相談したい内容をお聞かせください。

STEP2 1回目ご相談のイメージ
STEP3 まずはご連絡

問題点や解決方法をご提案させて頂きます。
またご依頼内容に応じて、料金表やお見積りを提出させていただきます。

STEP3 まずはご連絡のイメージ
当事務所では、「まずはご相談から」をモットーにさせて頂いております。お客様のお悩みを「街の法律家」として親身になってお伺い致します。