田口司法書士事務所ブログ

2013年5月16日 木曜日

介護保険、「軽度者を除外」を検討

軽度者(要支援1、要支援2の方)を、介護保険の対象から切り離すことを、厚労省が検討しているようです。
以下、毎日新聞の記事です。

<介護保険>「軽度者を除外」 厚労省検討、市町村に移管
毎日新聞 5月15日(水)20時19分配信 

現行の介護保険制度の要介護・要支援の区分
 厚生労働省は15日、介護保険制度で比較的介護の必要度が低い「要支援1」「要支援2」と認定された人について、介護保険の対象から切り離すことを含め、制度を見直す検討を始めた。急増する介護費用を抑えるためで、ボランティアなどを活用した市町村の事業に移すことを視野に入れている。ただし、市町村間でサービス内容に差が出かねず、「軽度者の切り捨てになる」との批判も強い。

 要支援1は介護の必要度に応じた七つの認定区分のうち、最も必要度が低い。日常生活の基本動作はほぼ自分でできるものの、配食など一部に支援が必要とされる。要支援1、2は、重度化を防ぐ介護予防の観点から2006年度に新区分として導入された。12年末の全認定者約554万人のうち、要支援1、2の人は計約150万人。

 介護費用は約7.8兆円(10年度)で、うち要支援向けは約0.4兆円と5%程度。だが、25年の全体の介護費は21兆円に膨らむ見通しで、現在月4972円の保険料(65歳以上、全国平均)も8200円程度(同)にアップする見通し。制度を続けるには、配食や見守りなど軽度の人へのサービスを見直す必要があると判断した。

 政府の社会保障制度改革国民会議は先月、軽度の人へのサービスを市町村事業に移すことを論点として挙げた。15日の社会保障審議会介護保険部会でも議論され、厚労省は年内にも方向性をとりまとめる意向だ。

 同省は昨年4月から、要支援者らへのサービスを市町村が選んで提供できる事業を始めた。それでも内容は全国一律でなく、田村憲久厚労相は7日の記者会見で「いきなり(要支援向けサービスを)地域に移すとかなり差が出てくる」と慎重な姿勢も示している。【佐藤丈一】 

                     *:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・
                      〒530-0041
                      大阪市北区天神橋1丁目8番16-303号
                             田口司法書士事務所
                             司法書士 田口多津
                               TEL 06-4800-7744
                               FAX 06-4800-7734
                           e-mail tagutazu_office@ybb.ne.jp
                               *:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*


.

STEP1 まずはご連絡

お問合せフォームまたは、お電話 06-4800-7744にてご連絡下さい。
折り返し、ご連絡申し上げます。

STEP1 まずはご連絡のイメージ
STEP2 1回目ご相談

事前にご予約頂けましたらお客様がお困りになっていることや、相談したい内容をお聞かせください。

STEP2 1回目ご相談のイメージ
STEP3 まずはご連絡

問題点や解決方法をご提案させて頂きます。
またご依頼内容に応じて、料金表やお見積りを提出させていただきます。

STEP3 まずはご連絡のイメージ
当事務所では、「まずはご相談から」をモットーにさせて頂いております。お客様のお悩みを「街の法律家」として親身になってお伺い致します。