田口司法書士事務所ブログ

2013年5月28日 火曜日

偽装質屋で、高齢者被害!

質屋を装ったヤミ金業者が、法外な金利で高齢者にお金を貸し付けると言う被害が続出しているそうです。
高齢者の方、ご家族の方は、くれぐれもご注意下さい。
以下、毎日新聞の記事です。

<偽装質屋>被害急増、ヤミ金業者が高齢者ら狙う
毎日新聞5月23日(木)11時19分
 
過去5年のヤミ金による被害総額の推移

 年金受給者らが質屋を装ったヤミ金業者に法外な金利で金を貸し付けられる被害が西日本を中心に頻発しているのを受け、警察庁は23日、業者の実態把握や取り締まりの強化を全国の警察本部に指示した。質屋営業法の上限金利が貸金業法より高いことに目をつけたヤミ金業者が新たな手口で高齢者らを標的にしているとみて警戒を強める。

 「偽装質屋」を巡っては、大分県警が今年1月、年131〜434%の金利で3700人に計約18億8300万円を貸し付けていたとみられる北九州市の業者を貸金業法違反(無登録営業)容疑などで摘発。愛知や鹿児島、群馬県警が逮捕した業者を合わせると、貸付総額は計24億3700万円に上る。

 いずれの業者も表向きは質屋営業法に基づき各都道府県公安委員会から許可を得た「質屋」。しかし、夜店で売られている指輪や携帯電話のストラップ、100円ショップの老眼鏡など廉価な品を質入れさせ、高金利で貸し付けていた。質流れを認めず、顧客の年金口座などから元本や金利を自動引き落としする契約を結ぶなどして返済させていた。

 ヤミ金被害は、上限金利を年29.2%から20%に引き下げた貸金業法改正や利用口座凍結などが奏功し、昨年の被害金額は統計を取り始めた1999年以降最少の109億9000万円。一方で、質屋営業法の上限金利は質草の保管設備を設けるコストなどを考慮し年109.5%まで認められており、業者が「偽装質屋」に乗り換えているとみられる。

 警察庁は既に全国銀行協会などを通じ、質屋名義の口座に自動引き落としを設定する申し込みが金融機関にあった場合、審査を厳格化するよう要請している。同庁幹部は「年金手帳を確認したり、質草は何でもいいと勧誘する業者はヤミ金なので注意して」と呼びかけている。【川辺康広】

                 "大阪の成年後見の相談は、田口司法書士事務所へ"   
                     *:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・
                      〒530-0041
                      大阪市北区天神橋1丁目8番16-303号
                             田口司法書士事務所
                             司法書士 田口多津
                               TEL 06-4800-7744
                               FAX 06-4800-7734
                           e-mail tagutazu_office@ybb.ne.jp
                               *:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*




STEP1 まずはご連絡

お問合せフォームまたは、お電話 06-4800-7744にてご連絡下さい。
折り返し、ご連絡申し上げます。

STEP1 まずはご連絡のイメージ
STEP2 1回目ご相談

事前にご予約頂けましたらお客様がお困りになっていることや、相談したい内容をお聞かせください。

STEP2 1回目ご相談のイメージ
STEP3 まずはご連絡

問題点や解決方法をご提案させて頂きます。
またご依頼内容に応じて、料金表やお見積りを提出させていただきます。

STEP3 まずはご連絡のイメージ
当事務所では、「まずはご相談から」をモットーにさせて頂いております。お客様のお悩みを「街の法律家」として親身になってお伺い致します。