田口司法書士事務所ブログ

2013年7月26日 金曜日

日本女性 平均寿命 世界1位

日本の女性の平均寿命が、世界第1位になりました。また、男性は、世界第5位です。
以下、産経新聞の記事です。

長寿日本 女性86・41歳、世界一返り咲き 男性79・94歳、世界5位
産経新聞 7月26日(金)7時55分配信

平均寿命の上位5カ国(写真:産経新聞)
 平成24年の日本人女性の平均寿命が前年より0・51歳延びて86・41歳となり、前年に香港に譲り渡した世界1位の座に返り咲いたことが25日、厚生労働省の調査で分かった。日本人男性も同0・50歳延びて過去最高の79・94歳となり、世界5位に順位を上げた。

 平均寿命が前年より延びたのは、男女とも3年ぶり。厚労省は「多数の死者が出た東日本大震災で平均寿命が縮んだ23年から1年がたったことや、自殺者が減ったことも影響している」と分析している。

 女性の平均寿命は、21年に過去最高の86・44歳を記録。22年まで26年連続で長寿世界一だったが、23年に香港に抜かれて2位に転落していた。

 平均寿命80歳が目前となった日本人男性は、23年の8位から5位に順位を上げた。1位はアイスランドの80・8歳、2位は香港の80・6歳だった。

 平均寿命はその年に生まれた0歳の子供が何年生きられるかを示す数値。24年に生まれた子供が65歳まで生存する割合は男性で87・8%、女性で93・8%、90歳までは男性22・2%、女性46・5%だった。

 医療技術の進歩で3大死因(がん、心疾患、脳血管疾患)の死亡率は減少傾向にあり、厚労省は「日本人の平均寿命は今後も延びる可能性がある」としている。

 高齢者の健康維持に詳しい諏訪中央病院(長野県)名誉院長、鎌田実さんは「魚や野菜をなるべく食べるようにし、足腰の筋肉や骨を弱らせないよう適度な運動を心掛ければ、女性だけでなく男性も世界一の長寿国となり得る。いつまでも元気に過ごせるのが理想で、国民が健康寿命を延ばすよう意識しながら生活することが重要。国や自治体が音頭を取り、国民の意識改革に取り組むべきだ」と指摘している。

.                     *:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・
                      〒530-0041
                      大阪市北区天神橋1丁目8番16-303号
                             田口司法書士事務所
                             司法書士 田口多津
                               TEL 06-4800-7744
                               FAX 06-4800-7734
                           e-mail tagutazu_office@ybb.ne.jp
                               *:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*


STEP1 まずはご連絡

お問合せフォームまたは、お電話 06-4800-7744にてご連絡下さい。
折り返し、ご連絡申し上げます。

STEP1 まずはご連絡のイメージ
STEP2 1回目ご相談

事前にご予約頂けましたらお客様がお困りになっていることや、相談したい内容をお聞かせください。

STEP2 1回目ご相談のイメージ
STEP3 まずはご連絡

問題点や解決方法をご提案させて頂きます。
またご依頼内容に応じて、料金表やお見積りを提出させていただきます。

STEP3 まずはご連絡のイメージ
当事務所では、「まずはご相談から」をモットーにさせて頂いております。お客様のお悩みを「街の法律家」として親身になってお伺い致します。