HOME > 遺産分割

遺産分割

遺産分割協議書とは?

遺産分割協議書とはいったい誰が、どの財産を相続するかを記録した文書です。
遺産分割協議書とは?のイメージ

ある人が亡くなった際に、遺言があればその遺言の内容を優先して遺産が分割されます。遺言がなかった場合は、相続人全員で話し合い、それぞれの相続分をどれだけにするか決定します。

この話し合いのことを遺産分割協議と言います。
協議で決定した内容を遺産分割協議書に記録します。

遺言が優先します

財産の処分権は、その所有者にあります。そして、財産の所有者たる被相続人(死亡者)は、その生前中遺言によって、自分の財産をどのように処分するか自由に決めることができます。
従い、被相続人が遺言を残している場合には遺言の内容に沿った遺産の分割方法が優先されます。

遺言がある 遺言の内容に沿って分割 遺言はない 法定相続 遺産分割協議 遺産分割協議の内容に沿って分割

遺産分割協議書作成までの流れ

STEP 1 相続財産の確定

相続財産とは被相続人(亡くなった方)が残した経済的価値のあるものすべてのことをいいます。もちろん預貯金、不動産、株券、自動車等といったプラスの財産の他、借金等のマイナスの財産も含まれてしまいます。これらの財産を調査し確定します。

STEP 2 相続人の確定

被相続人(亡くなった方)の出生から死亡までの連続した戸籍を取り寄せ誰が相続人であるかを調査します。
具体的には被相続人の戸籍謄本、除籍謄本、改正原戸籍謄本・除籍謄本をとりよせることになり、死亡した方の年齢が高い場合や、転居した回数が多い程、手続が多く大変になります。

STEP 3 相続人全員による協議

相続人全員で話し合って遺産の分割方法を決定します。相続人が各地に居住しているなどで同じ場所に集まることが困難な場合は電話や、書面による話し合いでよいとされています。全員が充分に納得し合意に達すると協議が成立します。

STEP 4 遺産分割協議書の作成

遺産分割協議が成立すると遺産分割協議書の作成にあたります。遺産分割協議書の作成は法律で義務付けられてはおりませんが,預貯金や不動産の名義変更手続きの添付書類として必要な場合があります。また全員が合意した証として後々のトラブルを防ぐためにも有効です。したがって遺産分割協議が成立したら早めに遺産分割協議書を作成することをお薦めします。

遺産分割の方法

遺産分割の方法のイメージ
現物分割

財産を一つ一つ各人に分配する方法で、換価分割(売却代金を分ける)と異なり分割の手間がかかりません。

換価分割

財産を売却し、その売却代金を相続分に応じて分配する方法で、不動産を換価分割する場合を例にすると、一旦、法定相続分に応じた相続登記をし、売却時に所有権移転登記を行う・・etc、一定の手間と費用がかかりますが、話合いで決まった割合をキチンと細かく分けることが可能です。

代償分割

特定の相続人が財産(物)を取得し、他の相続人に対して対価を支払って分割する方法で、財産(物)を取得する相続人は一定の資力が必要となりますが、分けることのできない財産(建物など)がある場合には有効な手段です。

共有分割

複数の相続人で共有する方法で、不動産を共有分割する場合を例にすると、その不動産を現実に使用するのは誰か?
また、売却処分する際には相手方の合意が必要などの問題がありますが、話合いで決まった割合通りにキッチリと相続登記(持分登記)が可能です。

遺産分割協議の効果

遺産分割の効力は、相続開始の時に遡って効力が生じることになりまる。すなわち、相続開始当初からその通りに相続していたということです(民909)。
しかし、遺産分割協議の内容を全く知り得ない第三者にまで、その主張を認めることは、第三者にとっては極めて酷なので、例えば、相続財産中の不動産について、遺産分割協議によって法定相続分以上の権利を取得した相続人がいた場合、その相続人は不動産登記を済ませておかないと、協議後にその不動産を取得した第三者に対して、法定相続分以上の権利を取得したということについて、対抗できなくなります(最判)。

  • 相続登記 について
  • 不動産登記 について
  • 遺産分割 について
  • 成年後見 について
STEP1 まずはご連絡

お問合せフォームまたは、お電話 06-4800-7744にてご連絡下さい。
折り返し、ご連絡申し上げます。

STEP1 まずはご連絡のイメージ
STEP2 1回目ご相談

事前にご予約頂けましたらお客様がお困りになっていることや、相談したい内容をお聞かせください。

STEP2 1回目ご相談のイメージ
STEP3 まずはご連絡

問題点や解決方法をご提案させて頂きます。
またご依頼内容に応じて、料金表やお見積りを提出させていただきます。

STEP3 まずはご連絡のイメージ
当事務所では、「まずはご相談から」をモットーにさせて頂いております。お客様のお悩みを「街の法律家」として親身になってお伺い致します。