HOME > 相続登記

相続登記

相続登記とは

相続登記とはのイメージ

人が亡くなり、相続が開始されると様々な名義変更手続をしなければなりません。
相続登記とは、数ある相続手続きの中でも、不動産(土地・建物)の名義変更のことをいいます。相続登記は、その土地を管轄している法務局で行います。法務局で名義変更できるものは、土地や建物の所有権、賃貸権、抵当権などです。預貯金や株券、自動車などの名義変更手続は対象となりません。
相続は財産に何があるかをまず理解することが重要です。そして、一環の手続きをご自身でも行えますが、専門家である司法書士に依頼すると、必要な書類の収集・作成・手続を一括で行えます。相続のご相談ならお気軽にご連絡下さい。

期限はありませんが、放置しておくと後々困ることに…
相続登記は「いつまでにしなければならない」という期限はありませんが、登記をしておかないと後々困ることがあります。
例えば、相続登記をせず長年放置している間に、相続人のひとりが亡くなり、相続人が増えてしまったため、書類収集に余計な時間や料金がかかってしまうことや、遺産分割協議が困難になってしまうなどのケースです。
トラブルを防ぎ、家族円満にスムーズに手続きを済ませるためにも、できるだけ早い相続登記をおすすめします。

相続登記の必要書類

※亡くなった方の不動産に漏れはないか(特に私道部分等はご家族の方も気づかないことが多いです)を確認するために、亡くなった方の権利証を拝見したり、名寄せ帳等を手配していただくこともあります。また、場合によって、戸籍の附票やその他の書類の収集等が必要な場合もあります。

【1】 亡くなられた方(被相続人)の死亡から出生まで遡る戸籍・改製原戸籍・除籍の謄本
【2】 亡くなられた方(被相続人)の住民票の除票(本籍記載のもの)
【3】 相続人の方全員の住民票(本籍・続柄記載のもの)・戸籍謄本
【4】 相続人の方全員の印鑑証明書
【5】 相続する不動産の固定資産評価証明書
【6】 遺産分割協議書
【7】 登記委任状


※亡くなった方の不動産に漏れはないか(特に私道部分等はご家族の方も気づかないことが多いです)を確認するために、亡くなった方の権利証を拝見したり、名寄せ帳等を手配していただくこともあります。また、場合によって、戸籍の附票やその他の書類の収集等が必要な場合もあります。


  • 相続登記 について
  • 不動産登記 について
  • 遺産分割 について
  • 成年後見 について
STEP1 まずはご連絡

お問合せフォームまたは、お電話 06-4800-7744にてご連絡下さい。
折り返し、ご連絡申し上げます。

STEP1 まずはご連絡のイメージ
STEP2 1回目ご相談

事前にご予約頂けましたらお客様がお困りになっていることや、相談したい内容をお聞かせください。

STEP2 1回目ご相談のイメージ
STEP3 まずはご連絡

問題点や解決方法をご提案させて頂きます。
またご依頼内容に応じて、料金表やお見積りを提出させていただきます。

STEP3 まずはご連絡のイメージ
当事務所では、「まずはご相談から」をモットーにさせて頂いております。お客様のお悩みを「街の法律家」として親身になってお伺い致します。